anj77_ehonwomiru20141115105326_tp_v

絵本選びに悩みませんか?

私は、子供にたくさんの絵本を読んできました。

今回は、私の経験から、0歳から3歳までと3歳から5歳までという目安に、おすすめの絵本をご紹介します。

0歳から3歳までのおすすめ絵本

生まれたばかり赤ちゃんだけではなく、子供にとってその成長にはミルクやおっぱい、ごはんと同様に、心の栄養を与えると言う事が必要になります。

寝ている横で自分も寝転がったり、膝だっこしたり、ならんで座ったりして読んであげてくださいね。

1、「ころころころ」

タイトルだけを見ると、どんな絵本なのか想像できるでしょうか?
私の子供はこの絵本が大好きでした。

いろいろな形の小さな球がころころ転がっていく様子を描いた絵本。

大人には何がおもしろいのかわからないのですが、その色合いや転がり具合の絶妙さが興味深い本です。

単純な内容だけに、小さなお子さんに人気です。

2、「がたんごとん がたんごとん」

走る汽車がやってきます。そこへ乗り込むのは哺乳瓶だったりコップやリンゴばなななど。

どれも赤ちゃんに身近なものだけに、赤ちゃんには入り込みやすい内容です。

これも私の子供は大好きで、5歳の今でも選んでいます。
ガタンゴトンというリズミカルな響きがいいのかもしれません。

3、「くだもの」

「平山和子」という絵本作家のものです。
タイトルからわかるようにいろいろな果物が出てきます。

 

そのイラストが写真のようにリアルでありながら、とても温かみがあるタッチで描かれています。
そのほかにも「いちご」「やさい」などがあり、シリーズでそろえるのもおすすめです。

kermit-1673474_1280

3歳から5歳まで、おすすめ絵本

1、「しずくのぼうけん」

ばけつから飛び出した水のしずくの冒険を描いた絵本です。

作も絵も外国人のもので、そのタッチやインテリアが大人にも興味がわく絵本です。
絵本ですが、理科の勉強の要素もあり、我が家の子供も大好きです。

2、「ひとまねこざる」

NHKの子供用の番組で「おさるのジョージ」として放映されているものの原作本です。
原作はテレビ程賢くなくて、サルらしいところが私は好きです。

最初は動物園の中にいたジョージですが、外に飛び出すという行動が子供の心をくすぐります。
いろいろシリーズもあり、大型本もあるので、お子さんにあったものを選んであげるのもいいと思います。

3、「げんきなマドレーヌ」

フランスが舞台のお話。

寄宿学校にいるマドレーヌという女の子の話しなのですが、その行動が大人の心さえもあたたかくしてくれます。

この本は私も大好きで、思い入れのある絵本です。

 

以上、それぞれ3冊ずつおすすめの本を書いてみましたが、興味のある本はありましたか?

これら以外にも図書館に行けば、それぞれの年齢のおすすめの本があるので、ぜひお子さんとご一緒に行って、お子さんが好きな本を選んでみると楽しいですよ♪